一日一歩の足跡帳、二人三脚の一挙手一投足(記録簿)、三者三様・喧々諤々・侃々諤々、夢支援の覚書、日々の歳時記、一期一会の備忘録、運鈍根の日々是好日、平々凡々な日々、悠々閑々な日々、時々刻々な日々
AIGエジソン生命の生命保険コンサルタントが、

●ドクターオブドクターズ ネットワーク

 経験豊かな専門スタッフが相談に乗り、
 日本を代表する名医をあなたに紹介します。

なるサービスの紹介に来られた。

toshiが、こんなサービスあればいいな、
と想っていたサービスです。

でも、年度末。パンフレットだけ頂いた。

-------------------------

名医によるサービス
メディカルコンサルテーション

◆セカンドオピニオン
◆優秀専門医の紹介

医療関連情報提供サービス◆医療機関情報の提供
◆専門窓口別医療機関情報の提供

24時間電話健康相談サービス◆健康相談
◆医療相談
◆介護相談
◆育児相談
◆メンタルヘルスの相談
スポンサーサイト
toshiにとって、観たいと想えるドラマが少なくなってる昨今。
逆に、どうしても観たいと想えるドラマも数少ないが確かにある。

『医龍-Team Medical Dragon-』フジテレビ系列
2006年4月13日~6月29日(木)22:00~22:54(初回、最終回は23:09迄拡大放送。6月22日は休止)。

丁度、母(tomo)が“死”に向かう只中で、
それでも、この番組だけは欠かさず観ていた。
必ずしもリアルタイムではなかったけれど。

最終回を迎えたとき、続編を観たいと強く想った。
しかし、「怖い」とも想った。あれだけの盛り上がりをみせた後だけに。
しかし、「観たい」という想いの方が強い。

『医龍-Team Medical Dragon-』は必ずしも、高視聴率とは言えなかった。
しかし高い支持を得た。

『医龍-Team Medical Dragon2-』は原作を離れ、オリジナルと聴く。
尚更、“期待と不安”が大きく、
尚且つ、“期待”の方が遥かに大きい。

朝田龍太郎(坂口憲二)、Team Medical Dragonは、
患者、患者家族の自ら治りたいという強い想いと、強い期待に応えて、
新しい道を切り開いてくれる。

テレビを観ながら、書いてるので、支離滅裂です。お許しあれ。

4)車椅子の方への気づき

(1)売り場で障害物をあらかじめ撤去しておく
(2)お客様に声を掛け必要に応じてサポートする
(3)お客様が商品を選択できるよう視線を遮らない
(4)棚の奥や高い所の商品は、代わりに取って手渡す
(5)車椅子が利用できるレジやカウンターに案内する

5)視覚の見え方に差がある方への気づき

(1)声を掛け自己紹介をする
(2)明るい声で応対する
(3)わかりやすい言葉情報を伝える
(4)一声掛けてから離れる
(5)金銭授受は、口頭で確認する

回診】後に、

 ・看護師長

 ・担当医(=病院長)

から聴いたお話。

※準備中...これから、病院に行くため後日にUP予定です。m(__)m
※医療&福祉関係の従事者、患者・利用者とその家族の方、以下をお読み頂き、ご意見を頂戴できれば幸いです。

仕事好きのtoshiは、日曜日も仕事をすることが多い ある(笑&大泣)。
今日も仕事はある。けれど、外での(相手のある)仕事ではない。コンピュータがあれば出来る。
そして、病院にはtomoのマイ・パソがある。
ここ数ヶ月は、コンピュータとしてではなく、テレビとしてしか活躍できてなかったが、
更にここ最近は、テレビすら、観たいと思わなくなって来ている(大泣)。

tomoの状況がとてもきになるため、医師から話を聴こうと思い、午前中から仕事を持って病院に。
丁度タイミング良く、tomoの順番が間もなくだ。
昨日一時帰宅したパソコンを持って来て、テーブルにセットしつつある。

その時、看護師から

 「次に、tomoさんの【回診 ですので、部屋を出て頂けますか?」

その時の、深い深い“怒り”と“悲しみ”をその看護師は判っているのだろうか???

 少し子供のtoshiは、「嫌です。」とハッキリと大きな声で応え、

 少し大人のtoshiは、そう言った上で、部屋を出た。
今の病院の前に入所していた病院(医療保険施設)&療養型病床群(介護保険施設)に。


※改めて記載します。一旦帰って来て、また病院に行く合間に少し記しています。
体感温度 … 実際の温度はどうあれ、寒い暑いの感じ方は人それぞれ異なります。
それで、部屋のクーラーの温度を何度に設定するか?が家族間で相違すると難しいことです。
結局、誰かの希望が通ることになるか、それぞれの間を採って、で落ち着くことになろうかと想われます。

以前入所していた施設では、4人部屋でしたが、しきりはシッカリ分けられており、
エアコンも4つあり、それぞれ別々の温度設定ができました。

それはさておき、外から来たtoshiが「肌寒い」と感じており、tomoの身体を触ると冷え切っており、
もちろん、tomoだけの「我が侭(わがまま)」を云おう等とは想っていませんが、
明らかに、就寝時間には寒過ぎる室内温度。

toshi 「部屋の中、ちょっと寒くないですか?」
看護師「そんなことないです。」
toshi 「室内温度、ちょっと低過ぎるんじゃないでしょうか?」
看護師「そんなことありませんよ。」
toshi 「もちろん、(高熱の出てる)うちのことだけを言ってるんじゃないですが。他の部屋からも咳き込む声が…」
看護師「そんなことありません。」

「せめて、『一度確かめてみます。位、云えよな、お前!!」(心の叫び)


「そらぁ、若いもんは、動き回ってるもんは暑いかも知れんけど、ベッドに寝てる者はどうなんや!!」(心の叫び)


 ※言葉が過ぎますが、あえて、その時の心情を記させて頂きました。

非常に心配しつつ、これ以上云っても無駄な様なので、やむなく病院を後にしたのは12時前…。
tomoが不安で不安で仕方ないようで、家に帰らせてくれませんでした。
効率的”な仕事ばかり意識すれば、“効果的”な仕事は出来ず、結果として、“効率”が落ちる。

 ♪あなたはもう忘れた(の)かしら

基本に忠実に。
当たり前のことを当たり前に、確実にこなすこと。
使ったら元の場所元の状態に戻す。

今のあなたを観ていると、あなたの周囲を観ていると、
いつ“医療事故”   が起きても不思議ではない。

重大なミス”を防ぐのは勿論大切だが、
   “些細なミス”を笑って誤魔化してはいけない。


 ♪信じられぬと嘆くよりも 人を信じて・・・


   信じられないことばかりあるの もしかしたらもしかしたら


優秀な看護師がこの春、何人も病院  を去って行った。
  彼女・彼等から何を学べたのだろうか。
       仕事を覚えるので精一杯だった?

       イイワケナンテモウツウヨウシナイ

       クサッタミカンニソマルノハアナタ?

             プロラシク

※ちと難解過ぎて、意味が判り難くて御免して下さい。
準備中なりなり
只今準備中
『フローレンス・ナイチンゲール』の誕生日の5月12日。

1965年 国際看護師協会(本部:ジュネーブ)が「国際看護師の日」に制定された。

1990年 市民・有識者による「看護の日の制定を願う会」の運動をきっかけにして、
      旧厚生省により、5月12日が「看護の日」に制定された。
      ※「看護週間」:12日を含む週の日曜日~土曜日

■メインテーマ■

 「看護の心をみんなの心に

■「看護の日」制定の趣旨■

 21世紀の高齢社会超高齢化社会超高齢社会)を支えていくには、
 看護の心ケアの心助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが大切。
 こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるように


 社団法人 日本看護協会 http://www.nurse.or.jp/simin/index.html

   キャッチ・コピー:あなたの優しさで、心の温度がちょっと上がったよ。

 ※今、病気や怪我で病院・施設を利用されている方、そのご家族はもちろん、
  そうでない方も一度覗いてみて下さい。

看護週間」の今、全国各地で、「気軽に看護にふれる」様々な行事が行われています。
受傷→入院2年半になるtomoは、「看護週間」を別々の病院・施設で迎えています。
担当の看護師・ヘルパーから「メッセージ・カード」  を頂いたこともあります。
それがとても優しく、心の温度がちょっとどころかとても上がってしまった。

 心のこもったメッセージ …… 「美辞麗句」(≒定型句?)がそこここに散りばめられたものではなく、
                患者・利用者のことを一所懸命に考えて綴られた
                その患者が普段口にする言葉(考え・想い)を踏まえた
                その患者・利用者に向けられた想いが綴られた
                その人へのメッセージ その人のためのメッセージ 

メッセージには、『闘病記』の実現を願う言葉が含まれていました。
その頃(平成16年5月)から、『闘病記』を書きたい、と想いながら、
ようやく今(平成18年5月)、blogという“場”を借りて、スタートしつつあります。

※頂いたメッセージをblogで公表していいかどうかの確認はまだとれていません。
 その前に、blogを開設したことをまだ、過去に担当頂いた看護師さん、ヘルパーさんに伝えてられていません。
 そのうちに、そのうちに。もう少し走り出したら...
昨年、看護学生としてこの病院に実習に来ていたナースのひとり。
tomoの担当ではなかったけれど、何故か担当ではないのにちょくちょく覗いてくれていた。

そのKさんが、学校卒業後、tomoの入院している病院に就職し、tomoのいる病棟に配属された。
今年の新人は、この病棟だけで数名。意外と早い時期から“夜勤”にも就いた。

そのKさんが、今日、はじめてtomoの担当になった。
今日の担当です。」とキチンと元気よく告げてくれる。
これは基本でありとても大切なことだ。(基本で大切なことを怠る看護師も多い。この病院に限らず。)

新人なのに“安心感”がある。“元気さ”が伝わりこちらも明るい気持ちになれる。

 「基本」に忠実に。
 “効率”を優先せず、“効果”的なお仕事を心掛ける。これにより必ず“効率”的な仕事ができるようになる。
 先輩のいい所をどんどん吸収していって欲しい。
 横着、手抜きを覚えてはいけない。馴れ合ってもいけない。親しき仲にも礼儀あり。
 悪い空気を吸ってはいけない。染まってはいけない。

 “学ぶ姿勢”を持ち続けて欲しい。
 あなたの描く“理想のナース像”の実現に向けたゆまぬ努力を続けて欲しい。
 あなたが本気で“勉強したい”と願うなら、可能な限り力を貸しましょう。
トップモデルの“エビちゃん”こと蛯原友里さんに、
双子の姉妹がおられて地元(宮崎)で看護師をされているとかされていたとか。
芸能界デビューの噂もあるとかないとか。

toshiのようなオジサン世代には、“エビちゃん”のようなモデル・タレントさんと
エビちゃん”との区別がつきにくくなっているのではないかと思われる。
エビちゃん”のような髪型や格好を同業者もし、中高生をはじめ若い人達が真似る。
それだけ蛯原友里さんの人気が高いことを示しているのでしょう。

オジサンはそれでも“エビバーガー”を食べたいとは想わないけれど、
蛯原友里さんが人気でファッションリーダーなのはよくわかる。
それに話し方は艶やかでいて人なつっこく好きだ。
テレビドラマに出演するようなことになれば、間違いなく観てしまう(*^_^*)


さて、本題。

tomoが入院している病院にも双子の看護師さんがおられた。
そっくりで、顔につけてるアクセサリーの色違いでしか区別がつかない。
さすがに病棟は違った。
けれど、時に病棟に来られることも。

ツーショットの写真はまさにお宝だ。
もちろん、ブログで紹介される事はない。

その看護師さんはこの春、揃って地元に帰られた(と想う)。
また同じ病院にお勤めなのだろうか。

さて、主題?

タイトルの意味について触れておこう。
 『ブラック・ジャックがモックンの時には、ピノコちゃん(助手?)が双子に。
 『医龍 Team Medical Dragon』でも何故か双子の看護師(?)が登場している。
夕食の後、歯磨きをしてもらい、その後、顔を拭いてもらう。
そして、乳液をつけて、髪をといで

病室に居るからといって「美容」に気を使うのは大切なことです。

タオルで顔を拭くのにも上手下手がある。

ときにソフトに ときにハードに
ふわぁ~っと、さら~っとだけでは、気持ち良くないし汚れが落ちない。
かと言って、きつ過ぎると痛いし、傷がつく。

 Sさんは「どぉ~?」とさり気なく確認しながら、
 ときにやさしく、ときに強めに顔を拭いてくれる。

 そして、乳液をぬってくれる“手さばき”がとても美しかった。
 まるで、美容院の美容師さんのようだ。
 手際よく、大胆に、それでいて繊細に――

  「どうしてそんなに上手なん?」 とtoshiが訊くと、

 Sさんは、少し照れながら、でもさり気なく

  「どうしたら、患者さんが気持ちいいと感じてもらえるか、考えたらこうなっただけ」 
 って応えてくれた。

 マスク越しの笑顔がとても爽やかだ。

 カメラも率先して写ってくれます♪ 「tomoさんとふたりで写ろう」と
 写真がお見せできないのがとても残念ですが、ふたりのツーショット、お宝もんです♪

 気が利くし、こころくばりが利く。

 ―― 少し工夫するのに、時間はほとんど変わらない。相手の印象は大きく変わる。