一日一歩の足跡帳、二人三脚の一挙手一投足(記録簿)、三者三様・喧々諤々・侃々諤々、夢支援の覚書、日々の歳時記、一期一会の備忘録、運鈍根の日々是好日、平々凡々な日々、悠々閑々な日々、時々刻々な日々
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
script_post_impression,http://tracer.a-cast.jp/entry.js?cid=null&param={adid=null}運動会の競技、何が好きだった? ブログネタ:運動会の競技、何が好きだった? 参加中

「運動会」そのものが、何もかもぜーんぶ

ひっくるめて、とても大好きでした。


すごく運動・体育が得意だった訳でもないですが、

何かすごく楽しい気持ちになりました。

いい汗かきました。


ただ、ちと感じていたのが、

リハーサルをしつこいくらいやらなきゃいけないこと。

もう少し減らして欲しい。。

卒業式なんかもですが、も少し減らして欲しい、、、

確かに、失敗させたくないのはわかるけれど、、、

運動会指導のすべててんこ盛り事典/根本 正雄
¥2,478
Amazon.co.jp

あと、最近の「運動会」では、順位をつけない傾向にあるようです。

「通信簿」同様、人と差をつけるのは良くないとか、

競争自体がよくないとか、、、


机上の勉強は不得意だけど、体育の勉強は得意な子たちが

折角、「光り輝ける場」なのに、ね。


でも実社会は、まさに競争社会


それこそ、肯定する訳ではないですが、

他人を蹴落とすのが当たり前だったり、

フェアじゃない競争もあったり、

そんな厳しい世の中が待ってると言うのに、、、


それと、勝つことで得ることも多いけれど、

負けることで得ることも多い。

悔しさをバネに、だとか、次こそは、とか、

そんな気持ちはとても大切だと想うのですが。

ズッコケ三人組の大運動会 (新・こども文学館―ズッコケ文庫)/那須 正幹
¥630
Amazon.co.jp


さて、「運動会」の協議を種目別に振り返りたいと思います。

すんごく懐かしいです。。



徒競走(かけっこ競走)


  2番が多かったかな。時に1番かな。
  走るの好きでした。


  短距離と長距離が得意でした。
  中距離はやや苦手かな。

リレー走


  花形で、運動会の締め括り競技で、
  大いに盛り上がりましたね。
  もっぱら声援を送る側でしたが。(笑

ぐんぐんこどもの足が速くなる~4スタンス理論で劇的に変わる~ (タツミムック)/廣戸 聡一
¥1,155
Amazon.co.jp

障害走系競技
  ただ足が速いだけでは勝てません。
  そこがいいところですね。

 借り物競走
  くじ運の無さを痛感させられました。(笑

 障害物競走

  いやぁ、大好きでした。
  障害物リレーなんかもありましたよね?  

 パン食い競走(飴食い競争)
  いやぁ、楽しめました。
  飴ちゃん探すの大変でした。顔が粉だらけー。

 二人三脚

  二人の呼吸合わせが大事です。


 玉転がし


  大っきい紅白の玉、、、運動会らしいです。。


 スプーンレース


   慎重に走るか、早く走るか、それが問題だ。


運動会種目BEST!―乳児・幼児・親子・保護者みんなが楽しい! (ラポムブックス)/きのいい羊達
¥1,680
Amazon.co.jp


団体戦


 綱引き


  非力だったので、果たしてどれだけ貢献できてたのか?
  でも遣り甲斐ありました。


 玉入れ


  いやぁー、楽しかった愉しかった。
  投げる、投げる、とにかく投げまくる。
  入った玉を数えるのが、またいい。


 棒倒し
 騎馬戦


  あらけないのは不得意でした。
  騎馬戦は大概、上に乗って、防止を奪い合う
  役回りでしたが、何せ気が優しいもので、、

小学校運動会団体種目ベスト50
¥1,260
Amazon.co.jp

アトラクション
 組体操

  いやぁ、好きでした好きでした。
  難しい技が決められたときは快感でした。

 フォークダンス

  異性と手を繋ぐのがこっ恥ずかしかったです。
  オクラホマミキサー(アメリカ民謡)がとても懐かしい。


運動会・イベントアイデアシリーズ 3 (3)
¥2,310
Amazon.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skctn9.blog102.fc2.com/tb.php/18-2bcdebcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック