一日一歩の足跡帳、二人三脚の一挙手一投足(記録簿)、三者三様・喧々諤々・侃々諤々、夢支援の覚書、日々の歳時記、一期一会の備忘録、運鈍根の日々是好日、平々凡々な日々、悠々閑々な日々、時々刻々な日々
script_post_impression,http://tracer.a-cast.jp/entry.js?cid=null&param={adid=null}自分にFA権あったらここへ行く! ブログネタ:自分にFA権あったらここへ行く! 参加中

プロ野球などのフリーエージェント制(FA制)から
とられた会社の人事制度の一つ

  「社内FA制度」

について考えます。

あすかはSOHOのため、組織人とは異なります。
また、独立し会社設立する以前に、大手企業で
働いた経験がありません。
よって、実体験はないのですが、
関係先の企業で導入されているところもあります。
導入されているやり方については、
それぞれの会社で微妙に違ったりしています。

  FA宣言

するか否かは、

  個々人のパーソナリティー

  現状の職務内容・職場・人間関係に関する満足度

  自分自身の夢・目標

により異なってくると想われます。

あすかがもし組織人だったら、たとえ、

  現状の職務内容・職場・人間関係

に満足していたとしても、

  夢・目標

があるなら、FA権行使 して、

  夢・目標

に向かって、走り出すだろうな。
プロスポーツは、悲しいかな年齢と共に、

  体力・身体能力

が衰えないまでも、よくて現状維持、
段々と落ちていくのですが、

一般社会・組織においては、
年齢と共に、

  体力・記憶力

等は落ちるかも知れませんが、むしろ、

  思考力・問題解決力

等は年々高まっていくのが普通です。

それ故、むしろ若いうちはいろんな部署、
色んな職務、色んな人間関係を経験して、

これら貴重な経験が準備の人生と位置づけ、

その経験を生かして、

  本当にやりたいこと

がやれるような部署・業務について行くのが
望ましいのじゃないでしょうか?

もちろん、その
  本当にやりたいこと
が最初から明確でなくてもいいんです。それを模索すれば。
また、場合によっては、当初想い描いていたものと、
様々な理由・事情などによって、

  CHANGE(変化)

しても、それはそれでいいんじゃないでしょうか?

  自分自身の生きる証、ライフワーク

を見つけ出すことは決して容易いことではないけれど、
それに出逢ったとき、

  本当に素晴らしい、幸せな人生

がその先にあるのだと想います。



はてなキーワードによると、

「社内FA制度」 とは、

社員が自らの経歴や能力、希望する職種や職務を登録して
売り込み、各部署や部門が必要とする社員を選抜する人事制度。

プロスポーツのフリーエージェント制(FA制)からとられた呼称。

応募者が上司の許可を得なくても良い場合が多いようである。

社員にとっては、持てる能力を存分に発揮する好機であり、
会社側にとっては、社内の埋もれた人材を発掘しチャレンジ精神を
高め人材を活用する可能性を持った制度である。

社外転職のリスクを負わずに転職できるような制度
であるため、社内転職とも呼ばれている。

社内公募制度と社内FA制度は、ともに、成果主義の表れである
とする考え方もあるが、これらは、社外への人材流出を防ぎ、
長期的で安定した雇用の実現を試みる企業努力の一環でもある。
社内公募・FA制度事例集―自律人材を活かす11社の仕組み (ニュー人事シリーズ)
¥3,150
Amazon.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skctn9.blog102.fc2.com/tb.php/252-1f51c991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック