一日一歩の足跡帳、二人三脚の一挙手一投足(記録簿)、三者三様・喧々諤々・侃々諤々、夢支援の覚書、日々の歳時記、一期一会の備忘録、運鈍根の日々是好日、平々凡々な日々、悠々閑々な日々、時々刻々な日々
あなたの生き方をコトバにすると? ブログネタ:あなたの生き方をコトバにすると? 参加中

あなたの人生の「Code=流儀やこだわり」は、なんですかはてなマーク

 雑誌や有名人の言葉の引用ではない、
 あなたが持っているオリジナルの“Code”を教えてください!!


ってことでなかなか難しい。夏休みの宿題よりも大変です。(笑

しかも、30文字以内でって条件付きです。

長~いのは得意ですが、短くまとめるのは不得意です。

何故なら、じっくり考えなくちゃいけないから。(笑

でもいい機会なので、考えてみます。


Diners Code World

Code.1 辛抱こそ肝要なり。

あすかの母方の祖父は、


幼くして、父を亡くし、苦労に苦労を重ね、

学歴が無いにも関わらず、頑張りに頑張り抜いて、

会社役員まで上り詰めたそうです。

そして、簡易郵便局までつくってしまいました。

すごく偉大な存在でした。

とても厳格な人でした。怖い存在でした。

あすかが若かりし頃(二十歳前後)に、

生き方(進路)に迷ったときに、


 古今東西を問わず甘やかしの生活の中で

 英傑の育った試しはない。辛抱こそ肝要なり。

という言葉を頂戴しました。

ほんとは全文をといきたいところですが、

文字数オーバーなので、肝の部分だけ抜き取りました。


祖父は晩年は、


  「やりたいことがまだまだある。」


と更なる夢の実現に向け、準備をすすめていました。

  「100歳まで生きる。」


と常々口にしていましたが、80歳手前で亡くなりました。

有言実行の祖父が、唯一、実行できなかったことかも知れません。


我慢強く、粘り強くありたい。

Diners Code World


Code.2 いかに生き、いかに死ぬか

   の答を見つける為に、

   活き活きと生きる



人それぞれ、 経緯(イキサツ)・歴史(カコ)があり、
生き方も人それぞれあれど、

平成17年に父を、平成18年に母を
まだ死ぬには若過ぎる両親を立て続けに亡くし、
つくづく、人生を考えるのです。

  一所懸命、一生懸命、生きたはずのふたり

なのに、あまりにも呆気なく、悲しい死を迎えてしまった。

本当に何もかも満足して、
悔いなく死ねるのは奇跡に近いかも知れないけれど、
だからこそ、精一杯、生きる。

同じ生きるなら、年齢に関係なく、

  活き活きと。何かを目指して生きる。

そうありたい。あり続けたい。
拓郎ヒストリー【Blu-spec CD】(DVD付)[2CD+DVD]
¥3,864
Amazon.co.jp

越えて行け そこを
越えて行け それを
今はまだ 人生を 人生を語らず


 人生を語らず

 (唄・詩・曲:吉田拓郎 『今はまだ人生を語らず』より)


って唄がありますが、


  今はまだ、人生を語らず


    今はまだ、人生を語れず


の心境ではありますが。

明日に向って走れ(紙ジャケット仕様)
¥2,015
Amazon.co.jp

『もののけ姫』のキャッチコピーは、

糸井重里氏の大傑作と想います。


   「生きろ。」

決まるまでには、以下のような候補があったとか。


「おそろしいか、愛しいか。」

「だいじなものは、ありますか。」

「おまえは、まぶしい。」

「昔々は、今の今。」

「死ぬのと、生きるの、どっちが好きだ。」

「死ぬなっ。」

Diners Code World

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skctn9.blog102.fc2.com/tb.php/348-a4eb1008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック