一日一歩の足跡帳、二人三脚の一挙手一投足(記録簿)、三者三様・喧々諤々・侃々諤々、夢支援の覚書、日々の歳時記、一期一会の備忘録、運鈍根の日々是好日、平々凡々な日々、悠々閑々な日々、時々刻々な日々

クチコミ番付参加中



「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」の語呂合わせです。

  こういうの考える人、上手ですよね。
  一年366日、色々あるんですね。

1982(昭和57)年から関東地方知事会関東地方
環境対策推進本部空き缶等問題推進委員会
(1997(平成9)年、関東甲信越静美化推進連絡協議会
に名称変更)が実施。

  この頃から、
  【環境問題・対策が活発化したのでしょうか?
  この頃は、私自身、
  まだまだ関心が持ててなかったように思います。 

元々は関東地方統一美化キャンペーンとして実施されたが、
各都道府県環境美化推進協議会を中心に
環境美化運動の一環として全国各地に広まっている。

  全国各地全世界で活発活性化するといいですね。
  でも、『キャンペーンとか声高々に言わなくても、
  誰しもが日頃から意識して(あるいは意識しなくても)
  自然に行動できればと思います。

当初は空き缶の持ち帰り及び不法投棄防止の
呼びかけと一斉清掃の実施の呼びかけだったが、

  呼びかけなくても「当たり前」にならなくちゃね。
  みんなの住む場所、生活する場所
  みんなの地域、みんなの地球だもんね。

社会情勢の変化から廃棄物の再生利用推進の啓発
も併せて行われるようになった。

  リサイクルも大切なことですが、
  そもそもゴミが大量に発生しないように
  商品の開発段階から消費・廃棄段階まで
  一貫して推し進めないといけないような。
  元から絶たなきゃダメ!!みたいな。

ごみはごみ箱に、ごみやたばこのポイ捨てはやめる、
などのマナーの実施を求めています。

  う~ん、「当たり前」過ぎることが
  まったく「当たり前」にできない時代なのかぁ。

あなたはごみゼロに向けて何かしている事はありますか?

  ゴミをなるべくつくらないようにしています。


「ごみは絶対に分別している!」

  これは、習慣で、特に意識していません。

「スーパーで袋はもらわない」

  独身時代と違い、買い物に行く機会はめっきり減りましたが、
  それでも、クルマにいつも袋を乗せておくようにしています。

  ゴミを出すためのゴミ袋、、、
  これ自体がゴミのような・・・


「印刷・コピーは最小限に」
?
  仕事でパソコンを使うのが当たり前の時代ですが、
  原稿を打ち出すのは最終段階のみにしています。
  相手に送るのも、メールでそのまま・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skctn9.blog102.fc2.com/tb.php/609-4c3f5b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック