一日一歩の足跡帳、二人三脚の一挙手一投足(記録簿)、三者三様・喧々諤々・侃々諤々、夢支援の覚書、日々の歳時記、一期一会の備忘録、運鈍根の日々是好日、平々凡々な日々、悠々閑々な日々、時々刻々な日々
script_post_impression,http://tracer.a-cast.jp/entry.js?cid=null&param={adid=null}店員さんに恋したことある? ブログネタ:店員さんに恋したことある? 参加中

店員さんに恋したことあるかって問い掛けですが、

   働いている姿

を観て、好きになるってのは今まで一度もなかったなぁ。

女性から観れば、
男性の働く姿ってカッコイイとか感じるのかも知れませんが。

っていうか、

店員さんと接する機会ってあんまし、なかったな。

いや、もしかしたらあったかも知れないけれど、

  恋するような年代の人じゃなかった

つまり、ずっと年上の店員さんだったか、
店員さんを恋愛の対象として観たことがなかった、
っていうのがしっくりいくのかな。


【店員さんとの恋話】

かく言うあすかも、昔、店員をしていたことがありました。

それは、20代前半の頃の先輩の話。

専門学校の先輩が勤務されていたとある小売店。
先輩が地元に帰られるということで、
その代わりに、あすかがその小売店に勤めることに。

後輩(あすか)思いの先輩は、あすかが仕事に慣れるまでと、
暫く、というか、結構長い期間、一緒に働かして頂きました。
とても親切に手取り足取り。

でいよいよ、先輩が家に帰られる日が近付いてきたある日。
先輩があすかに告白しました。

 そのお店に
  アルバイトに来ている女子大生

のことが好きだと。
なるほど、それですべての謎が解けました。(笑

先輩思いのあすかは、先輩のキューピット役を買って出ました。

  先輩の告白の場

をうまくセッティングしました。。。

残念ながら、先輩の恋は実りませんでしたが、、
いい思い出になりました。

自分症候群 プライス・ダウン・リイシュー盤/さだまさし
¥1,940
Amazon.co.jp


「8つ目の青春」

僕が先輩を尊敬している訳は
男は恋をしていればいつだって青春だぞと
幾度倒れてもきっぱりと言い切れる その明るさと強さ
先輩は既に7つの青春を散らして来たが
その都度不屈の努力と勇気で立ち直るだけか
みごとそれを自分のエネルギーにかえて 成長したのだった
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skctn9.blog102.fc2.com/tb.php/83-b7c35d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック